秋爆の日々。秋のシーバスは、やっぱり面白いですね[万年中級野郎が行く!]

dai
 
 
秋も深まってきましたが、未だ未だ秋のベイトパターンで、日本各地で爆釣の声が聞こえてきます。

 

単純に、数だけで言えば、春を告げるバチパターンの方が出るかもしれませんが、サイズ感や釣ってる感で言えば、やはり秋が一番楽しいシーズンではないでしょうか。

 

秋も深まってくると、潮の大きな動きが夜側へシフトしてきます。ナイトのウェーディングから、朝マヅメ、デイゲームまで長時間に渡って粘るのも楽しいものです。いつ寝たら良いのでしょう(笑)

 

[基本データ]

  • 釣行日:11/1 2:00-8:30
  • 潮:長潮直前の小潮
  • 天気:晴れ、風速1m以下
  • 水温:21度

■ナイトゲーム攻略

潮回りが良い日が続き、連日の好釣果が届いていましたが、月末で忙しく、じっとウィークエンドまで我慢。
 

金曜日、月末処理を片付け、宴席を断り、そそくさと帰宅。そのまま干潟へ。

 

到着は、既に日が変わって深夜2時、下げ2分くらい。長潮直前の小潮で、潮の動きはかなり緩い。しかも、風もまったくなく、潮目も見当たらない。これは、厳しいか・・・・・・

 
しかし、心配は杞憂に終わりました。さすがは、秋真っ盛りのパワーです。
 
潮位が高く、全然、ブレイクまで届かないのですが、かすかに出来た流れの変化を、シャロー系のルアーやシンペンをローテしながら広く探っていくと、すぐに結果が得られました。 
 
night80
 
スローのただ巻きを基本に、リトリーブの途中で少しだけ加速したり、シンペンはフォールさせたりと変化を入れながら、拾っていきます。
基本のスロー引きだけで、5、6本いけました。
 
<ナイトのシャローでの投入ルアー>
  • ラブラ 125F
  • ショアラインシャイナーR50
  • ショアラインシャイナーR40
  • ドリフトペンシル・シャロー

シャロー

 
シャローに反応がなくなった後も、フォローとして、パンチラインをフォールさせると、これにも反応がありました。

panchi

■うっすらと明るくなってきた

干潮に近づき、潮がさらに動かなくなってくると沈黙が訪れました。多くのアングラーが諦めて帰ってしまいました。上げに入るタイミングが日の出周辺に絡んでくる時間帯なので、ここは朝マヅメを期待して粘ります。眠い。。。

■朝マヅメのスイッチON!

すっかり明るくなり、漁船の往来が激しくなってくると、明らかに水面がザワツキだします。チャンスタイム到来です。コノシロと、イワシがいるようです。マヅメ時間は、長くありません、攻めていきましょい!

スイッチの入りはじめ

明らかに水面でベイトが追われています。水面をダートさせようと、TKLMを投入。じゃれて来ますが、いまいち乗り切りません。思いきって、ルアーのサイズをダウンさせてみることにします。スーサンを投入して、水面を激しくトゥィッチさせた所、一投目からバイトが多発しました。
 

アクションは、上方向へロットを煽り、水面のより浅いレンジをトゥィッチする感じです。連発しますが、この釣り方、どうもサイズの小さい魚ばかりです。

morning
 

・朝マヅメの中盤から後半戦

30分くらいで、スーサンへの反応が落ちてきました。リップ付きミノー(ビーフリーズ78s)の上方向への煽りを試してみましたが、無反応。表層はスレた?
 
次に、レンジを下げて縦方向のダートをしてみることにします。これがアタリました。
ミニエントや、ベイスラックを縦方向へアクションさせると、連発モードです。サイズもUPです。
ラインのスラッグをそこまで意識して出さなくても、良い感じです。縦方向への小さい煽りの繰り返しだけで、十分釣れました。
 
 

morining-on

<朝マズメのジャーク&ダート狙いの投入ルアー>

  • TKLM
  • スーサン
  • ベイスラック
  • モンキーバイブ
  • ミニエント

ダート

 
朝マヅメの狂乱が終わり、すっかり日が高くなり、さすがに久しぶりの徹夜は疲れたので、デイゲームに後ろ髪ひかれつつ、もう帰ります。
 
※例年よりも暖かいせいか、夏場よりは減りましたが、まだエイがいますのでエイガードは装着したほうが良さそうですよ。小さいエイの背中を踏んで、コケそうになりました。。。
 

■タックルデータ

  • Rod:9ft 柔らかめのML
  • リール:ハイギアの2500番
  • ライン:PE 0.8号 + ナイロン16lbs
  • ウェーディングネット利用有り
[Mannen]
 
 

この記事の著者

万年エイ釣り師?

フライフィッシングからソルトルアーまで、ルアーフィッシングをこよなく愛す。万年中級レベルから脱したとか、脱してないとか。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る