iPhoneアイフォンが防水になる日。あのiPhoneが、遂に防水仕様になったってこと??

とある飲み屋で、遭遇した光景。

タッパーにiphone。上から水がダバダバ。完全に水没状態。大丈夫かアイフォン!

でも、動いている。カメラも活きている。アイフォンはいつから防水になったんだ??

protect01

iPhone水没!大丈夫かアイフォン!

 

これは、釣り人には、朗報だ。

アングラーにも、当然iPhoneユーザーは多い。特に、ギアに拘る人ほどiPhoneだったりする。でも、難点はなんといってもiPhoneが防水でないということ。

どれだけの釣り人が、雨や水かぶりでアイフォンを故障させたことか。

遂に、とうとう、アイフォンが防水になる日が来たというではないか!!

ホントなのか?

眉唾か?

でも、目の前で、水に浸かったアイフォンが元気に動いているではないか。

protect02

完全に水没のiPhone

 

水に浸かった状態で、ライブカメラが動いている。画面に映っている手をふっている人(赤い矢印)が、開発した会社の社長さん。

もちろん、iPhone自体を防水化するというような大げさな話ではない。アイフォンに防水の保護フィルムが、貼られているだけの話ではある。

ただ、「ただの保護フィルム」の話と侮ってはいけない。このフィルム、実に良く出来ている。

通常、保護フィルムは正面のガラス部分に貼るだけで、当然、防水にはならないし、角からの衝撃にも役にたたない。

落下で割れるのは、角から落ちて角から割れるケースが多い。その角も覆うことができる優れもので、角からの割れの防御も果たすのだ。

かといって、全体を保護材で覆うようなゴテゴテしたものではなく、アイフォンの表面にある穴や隙間を、シールで上手く覆うだけというシンプルな作りになっている。

シンプルな分、自分で簡単に貼ることができ、貼った後もゴテゴテせず操作性を妨げない。

protect03

もちろん、シールを貼っただけなので、100%完全防水というわけではないが、水の張ったタッパーの中に沈める程度であれば、現に耐えられている。釣り場であれば、激しい雨の中で、電話をするくらいなら気兼ねなくOKだ。

アイフォンの防水フィルムは、これまでにもあったが、この「防水スマホシール」がググッと気になったのは、開発者の本業を聞いたからでもある。

開発したのは、浜松にある株式会社宮古商事という会社なのだが、この会社もともとアイフォンの修理屋さんなのだ。ガラスの角割れ、水の浸入による故障を、来る日も来る日も修理して暮らしていた会社なのだ。

そう、たくさんのアイフォンを修理してきたからこそ得られた知見を活かし、最低限のシールで、隙間を覆うことを可能にしたというわけだ。

セロハンテープや絆創膏など、いろいろと貼り付けては水没させてを繰り返して完成させたとのこと。さすが、修理屋さんだ。

利便性を考えての仕様(生活防水)のようだが、IPX3レベルのテストは自身で行ったそうで、その様子の動画も公開されている。

 

アマゾンで「スマホ防水シール」といれれば、1000円ちょいで買える。まあ、ルアー1個分で試してみる価値はあるのでは。

もちろん、完全防水なわけではないので、水没実験とかは自己責任で。。。。

 

■株式会社宮古商事 スマホ防水シール

http://miyako-sj.com/

防水シールの貼り付け方の動画も公開されている。普段からノットやら、手先の作業をしているアングラーであれば、貼り付けは難しくないか。

 

 

この記事の著者

つりきち三平太

つりきち三平太

釣りキチ三平に憧れ、釣りに嵌まる。昔、「釣キチ三平のエサ」という商品名のエサを愛用していたことから、つりきち三平太と呼ばれるようになった。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る