バイブレーションの季節に向けて、改めてレンジバイブを投げ倒す[万年中級野郎が行く!]

dai

■レンジバイブを投げ倒す

 デイゲームが、本格的に始まる季節になってきました。ということで、バイブレーションを買いに釣り具屋さんへ。
冬の間、バイブレーションコーナーに注意を払っていませんでしたが、まあ製品が増えています。カラーやウェイトのバリエーションは勿論のこと、新製品も幾つも並んでいます。樹脂形成のものや、流行の鉄板系、重りは鉛やタングステンなどなど、実に沢山のバイブレーションが並んでいます。どれ買おうかな・・・・・、選択肢が多いのも困りものです。
 
何か、新製品を買おうと釣り具屋に来たのですが、選択肢が多すぎので、止めにしました。長年使われているど定番、バイブレーションの代名詞(?)であるレンジバイブを改めて、投げ倒してみることにしました。
レンジバイブ70

■底をとるとエイだらけ

「投げて、底とって、ただ巻き」これをひたすら繰り返します。かなりの強風で波だっていましたが、当たり前ですが、ちゃんと小気味よく泳ぎます。
 
強風で出来た流れに対し、アップ、ダウンと、レンジも変えながら色々試してみます。
 
ブレイクに向かってなげ、底をとってリトリーブを開始した直後、かなりの頻度で強烈な引きを味わうことになります。エイの猛攻です。まあ、エイが連発してしまいます。 
ei
 

■レンジバイブでレンジと巻き速度を調整

エイづくしに辟易したので、底をとらずにカウントダウンで、レンジを変えながら、巻き巻きしてみました。 
 
イメージ、底から30cm程度上のレンジで、結構あたりがあります。リトリーブ速度を調整していくと、ちょい早めの速度で、明確なバイトです。
kyouichi0403
 
逆に早巻きだとアタリがでません。その後も、レンジやリトリーブ速度は変えながら、レンジバイブを投げ続け6本を捕獲しました。
chibisuke
 
残念ながらサイズはいまいちでしたが、レンジバイブの泳ぎのコントロールで、まあ釣れますよねということを、再認識できました。
 
 一方、同行のY氏。レンジバイブで、チビのエイかと思ったら、立派なキビレさんをゲット。
kibire
 
おまけで、暗くなってから、運河筋にバチ湧いてるかを軽く偵察。やはり、風の影響か表層にはでてないですねえ。スケアクロウで、チビを1本だけ拾って、すぐに止めにしました。
sukeavrow
 
 
[データ]
・場所:木更津干潟
・実釣時間:2015年4月4日 9:00-15:00 大潮の干潮前後
・水温:14~15度
・風:かなりの強風
・ロッド:9ft ML
・リール:2500番
・ライン:PE0.8号 ショックリーダー16lb
・ルアー:バズディ レンジバイブ70ES

 

>関連記事

 

 

 

 

この記事の著者

万年

万年エイ釣り師?

フライフィッシングからソルトルアーまで、ルアーフィッシングをこよなく愛す。万年中級レベルから脱したとか、脱してないとか。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る