デイゲームへの序章![鯰釣りの作法vol.9]

鯰の作法

経験を積むごとに、僕はナマズゲームを冒険するようになってきている。

ナマズ釣りの醍醐味は、ナイトゲームでトップ。そう信じ込んでいた頃から早10年。

今は、メーターナマズへの挑戦、様々なフィールド別攻略方法の開拓、そしてデイゲームへの挑戦の日々である。

◆ナマズのデイゲーム序章

ナマズのデイゲーム。実は、これまであまり関心を持てなかった。基本的にナマズは多くが夜行性であり、日中は物陰に身を潜めて休んでいる。そういうアクティブでない個体を狙うことに違和感を持っていた。寝てる子を起こしてまで釣るのか? また、ナイトゲームほどには、展開の早さがでないこともあり避けてきた。

しかし、全ての個体が夜行性ではなく、昼夜逆転型の個体や、夕刻を待たずして昼過ぎから動き出す個体もいる。このような個体はトップへの反応はなくはないが、アンダーで攻めると確実なバイトを得られることが多い。

瀬正直、デイゲームはナイトゲームより難しく感じる。ただ、デイにアクティブな個体がいるのも事実である。そうであれば、デイゲームでやる気のある奴らを狙うことも面白いではないか。今はそういう考えに至っている。

難しく、釣れないほどに惹き込まれる、それが釣りの醍醐味の一つだ。

◆9月のとある週末。多摩川にて。

多摩川の堰
9月初旬、週末の多摩川。僕は地元の超メジャーポイントにいた。家族連れで水辺を楽しむ人達、スモール狙いの釣り人、コイ師、それはナイトゲームではまず見ない光景だ。迷惑にならないようデイゲームを練習気味にやってみた。

瀬の落ちる反転流や変化に富む川底、テトラが沈むスーパーディープ、それらを手を変え品を変え様々に攻めるが、反応はない。

「わからない…。」「なぜ?」

そんな事ばかりを呟いてしまう。

ナイトゲームでは答えがすぐに出るポイントだけに、頭が混乱していく。

立ち尽くす気づけば、水辺を賑わせていた人達はおらず、僕は川の真ん中で立ちすくんでいた。
コウモリがチラホラ飛び始め、ナイトゲームの時間へ移行していく。

「あ、明日もやりたい!」

僕の釣りに対する探究心は衰えを知らない。

 

この記事の著者

Avatar photo

水面屋(みなもや)鯰釣り師

首都圏在住。小学校低学年からバス釣りを始める。高校入学と同時にロッドをギターに持ち変え、釣りから暫く離れる。男三十路にして鯰くんに男惚れ。現在はツララでビッグベイトを振り回し、メーターマナマズとロクマルバスを追う日々。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る