立春には、春告魚のメバルちゃんを釣って季節を感じる

連日、寒いですが、ときおり昼の日差しは暖かったりするこの頃ですが、節分の豆まきしましたか?

立春とくれば、毎年恒例の春を告げる魚のメバルちゃん釣りです。

ということで、今年も、メバル釣りに繰り出しました。アクアラインを渡り、内房方面の漁港などを巡ります。この時期には珍しく風がまったくなく、寒くありません。ただ、潮の動きは悪く、夜の満潮でも、潮位が1メートルを切るレベルで、どこに行っても浅い。

潮が動かないながらも、水通しが良いポイントを回っていきました。ベイトッ気が全然ないのですが、やはり水通しの良いポイントでは、確実に反応が得られました。

0.9g+赤っぽいワーム

 

0.6g、0.9gのジグヘッドと、ワームの種類を変えながらローテすると飽きない程度に拾うことができました。

1年ぶりのメバル釣りで、ラインがヨレヨレで困りました。やはり、面倒くさがらずに巻き直すのは基本ですね。。。

0.6g+緑っぽいワーム

 

小気味よい引きはしますが、サイズは、伸びません。

0.6g+緑っぽいワーム

 

これは、丸々していて美味しそうですが、全部リリースします。

水深が30cmくらいしかないシャローの明暗でも、コンコンつれます。

バチ狙いのシーバスのアングラーがばかりで、メバルを狙っている人が少ないせいか、良い感じで釣れました。

立春の春告魚釣り、なかなか楽しめました。

 

 

 

この記事の著者

お父ちゃん

お父ちゃん

東京在住の週末アングラー。ルアー釣り歴30年。バス釣りして、シーバス釣りして、ときおりエリアにも出没。少ないお小遣いは、すべて釣りに・・・・

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る