干潟の底バチパターンで80UPでたよ<2016バチシーズン>

dai
 
すっかり春めいてきましたね。
ご無沙汰しております。仕事の関係で、忙しく、だいぶ久しぶりの干潟釣行です。
 
 2016年のバチパターンも、既に終盤戦のエリアもあれば、湾奥の東京側は未だ未だ先だったりと、エリアによって時期はだいぶ異なります。
 
今年のバチパターンは、房総の前半戦の時からサイズがいい!という声が、駆け巡っていますが、みなさんはいかがでしょうか。
 
どこそこでバチが湧いたぞ、狭い河川で湧いたらアングラーだらけだぞ、80cmがでたぞ、いやいや90cmが出たぞ、まったく釣れないぞ、いろいろな情報が飛び交う中、早く出たくてウズウズしていました。
 
今回、冷え込んだ週末に、出撃してきました。
 
1:00頃の干潮に向かって潮が動いている21:00過ぎにエントリーしました。中潮で、もう既に昼間の方が潮が動く時期に入っていますが、それでも夜もけっこう潮が動いていました。 
 
干潟のシャローを動きながら、バチパターン用のルアーをローテしながら打っていきますが反応がありません。
 
風は余りなく、バチが湧いてくれば表層で爆釣してもおかしくない状況です。しかし、水面には全く湧いていません。三寒四温で、この週末はすっかり冷え込んでいて寒いです。ベイトっ気も、ボラのボイルもありません。
 
しかし、時期的にはバチを捕食していてもおかしくありませんので、バチが水面に出るほどではないのか?
ということで、シンペンを沈めて底をするかすらないかでトレースする作戦に切り換えました。
 
ときおり藻を拾いながら、なるべく底をすらないギリギリの速度でリトリーブを繰り返します。
 
少し風が出て来て、ヨレが出来ている箇所を発見。ヨレを横切るように、立ち位置を変えて攻めます。
 
数投目で違和感が・・・・、弱く吸い込まれた感じ、草にひっかかったか?
 
柔らかいティップが十分に曲がってからリールで巻き合わせすると、ずっしりとした手応え。おっ、でかいか・・・。
 
ゆるゆるのドラグを調整しながら、手前まで引き寄せると、あれ頭でかいではないですか。80cmはありそうな、頭です。
 
20160312-3
 
口の中を覗くと、バチや、ワレカラかなにかの小さい細いのなどなど、いろいろ吐き出しました。
アタリの出方が、吸い込みの典型的な感じでしたので、やはり底バチを食べていたのではないかと思われます。
 
残念ながら、寒さに耐えきれず干潮を待たずに早々に引上げ、この1本だけに終りました。
同行者は、シンペンで表層を引いて、2・3本獲っていました。
 
寒さに負けて釣行時間は短かったですが、久しぶりのウェーディングを愉しめました。
 
次の週末には、気温が上がっているということなので、数も狙いたいと思います。
 
 

この記事の著者

万年

万年エイ釣り師?

フライフィッシングからソルトルアーまで、ルアーフィッシングをこよなく愛す。万年中級レベルから脱したとか、脱してないとか。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る