夏はシイラ釣りですね。近場でも釣れるパワフルターゲット

夏のシイラ釣り

湾奥の夏は厳しい。陸っぱりも、ボートシーバスも、釣れなくはないですが、正直厳しい。

かといって、遠征するお小遣いもなく。。。

そんな時に、オススメなのは乗合船で行くシイラ釣り。

湾奥でシーバスボートをチャーターしている感覚だと、乗合船に抵抗がありましたが、食わず嫌いはいかんと、出かけてきました。

平塚の乗り合い船「庄三郎丸」を予約

ルアーの乗合船で有名な庄三郎丸(神奈川県平塚)さんで予約。都内から1時間とちょつとで、アクセスが良いです。

早めに来た方が良いとのことだったので、出船の1時間半前に現地入り。乗り合い船なので、船首の良い場所をとりたい場合などは、早くこないとダメということでした。

ただシイラの場合、誰かが1匹釣ると船の周りそこら中で釣れるので、そこまで場所を気にしなくても良いかなと。船首は、常連さんに譲り、サイドの空いている場所に陣取りました。

乗り合い船が初めてだったので、ちょっとドキドです。2,3人で行くボートシーバスと違い、船のサイズがでかい。確かに、このサイズあれば十分キャスティングできるなと。

庄三郎丸

15,16人は乗っていましたが、多少気をつかう程度で、そこまでストレスなくキャスティングできました。

ロッドはどこに置くのかな? ちゃんとロッド立てがありました。ちなみにトイレは、船の前と後ろに立ち小便用の便器が付いていました。熱中症にならないように、マメに水分をとるとどうしてもトイレに行きたくなります。

シイラを探してひたすらクルーズ

「基本、坊主はないよ」と聞いていたので、簡単に釣れるかと思っていました。

普段なら港から直ぐの場所でも釣れるらしいのですが、強風で波が高く、なかなかシイラを発見できません。波打つ中、シイラを求めてひたすら船を走らせます。

散発的に釣れるものの後が続きません。サイズもペンペンサイズばかり。

ひたすらクルーズ。みなさん、ダレてしまって眠りモード。

最終盤、船中で連発で目が覚めましたが、ちょっとクルーズ時間が長すぎて待ち疲れてしまいました。まあ、そんな日もあります。

ペンペンとは言え、60cmや70cmはありますので、ファイトはそれなりに愉しめました。

近場で、手軽に、パワーのある魚と戯れることができるのは大きな魅力ですね!シイラ

庄三郎丸

レンタルタックルも充実しているので、まずはレンタルで初めてみるのも良いですね。ただ、乗り合い船なので、周りに迷惑にならないよう、最低限キャスティングはできることが前提です。

庄三郎丸 http://www.shouzaburo.com/

 

この記事の著者

お父ちゃん

お父ちゃん

東京在住の週末アングラー。ルアー釣り歴30年。バス釣りして、シーバス釣りして、ときおりエリアにも出没。少ないお小遣いは、すべて釣りに・・・・

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る