ラージスモールと遊ぶ。福島県猪苗代湖の夏バス釣り 2015

猪苗代湖、初夏のバス釣り

福島県、猪苗代湖でスモールマウスバスが釣れることをご存知でしょうか?

猪苗代湖畔、ヤマハトラスト店・磐梯マリーンの本店長、秦拓也さんが、福島県の復興に賭ける思いは、常にスモールマウスバスと共にある。
猪苗代漁協の組合員も務め、サモアの愛称で親しまれる秦さんのフィッシングガイドサービスが今年も開始された。

暦の上では、既に初夏。とはいえ、東北の夏の訪れは遅い。
ちょうど今頃から、猪苗代湖に本格的な夏の日差しが照りつける様になるまでの間、同湖ではラージスモールとでも呼びたくなる、特大のスモールマウスバスが釣れる。

もっと多くの人に知ってほしい。福島県をもっと元気にしたい。と、秦さん。

 

釣りの活性化と福島県の復興

多くのお客さんに、広大な猪苗代湖の美しい自然と、スモールマウスバスの、驚くほど強烈な引き味を楽しんでほしいと、ルアーライフの企画する、名フィッシングガイドを競うバストーナメント、第1回 Super Fishing Guide of JAPAN にエントリーしたのが、昨年のこと。

関東地方からのお客さんも迎えることが出来たし、見事、大会の部門優勝も果たした。
氏の愛用ルアー、「ジョインテッドクロー」は、爆釣ルアーとして認定され、メーカーである、ガンクラフト(代表:平岩孝典)に対しては、これもルアーライフが企画した「爆ルアー王」の授賞へと導いた。
今年1月31日には、パシフィコ横浜で開催された、ジャパンフィッシングショー2015 ヤマハ発動機ブースにて、秦拓也氏と平岩孝典氏へ、ルアーライフからそれぞれのトロフィーが授与された。

関連企業や販売店、漁協、フィッシングガイド、そして釣りに来てくれるお客さん達と共に、釣りというレジャーを活性化させて、福島県の復興の基盤を作って行きたい。と語ったのが印象的だった。

秦拓也×平岩孝典▲ ジャパンフィッシングショー2015で行なわれた、授賞式告知記事
http://www.lure-life.com/news/blackbass/jfs2015_01.html

ガンクラフト平岩代表の、ジョイクロで釣れ!
▲ 授賞式の模様
http://www.lure-life.com/news/blackbass/jfs_mp4.htm

 

2015 サモア始動

昨年は、5月後半から6月中旬にかけての2週間と少しという短い期間の中に、54.5センチのモンスタースモールマウスバスを筆頭に、50アップは10本。全釣果の7、8割が50アップで占められた。そして、半数以上の釣果がジョイクロによるものだった。

今年も、サモアこと、秦拓也氏のフィッシングガイドがスタートした。
もちろん、ジョイクロでの試釣も滞りなく済ませた。
どうやら確実な手ごたえを感じている様子だ。

「とてもエキサイティングな釣りが出来ますから、是非、多くの皆さんに、猪苗代湖におこし頂きたいと思っています。」  by サモア

是非一度、猪苗代湖の、特大スモールマウスバスにチャレンジしてみてはいかがだろうか。
秦さんは、今年も、Super Fishing Guide of JAPAN 2015 にエントリーしている。

SFGJ 全国バス・トーナメント(開催中)は、コチラ>>

磐梯マリーン は、コチラ>>

(ア)

関連記事

ページ上部へ戻る