猪苗代湖の小バス100匹釣れるかな[ずっこけ3人組再び]

P8220662

夏の終わりに再びやってきました、猪苗代湖。何故か、前回に引き続き、今回も雨模様・・・・・

まあ、灼熱地獄よりはいいか。

前回の、猪苗代湖スモールバスゲット に気を良くしたズッコケ3人組み。夏の終わりに、再度、猪苗代湖にやってきた。

石積みの下側のラインにデカバスがいる手応えは、前回掴んでいたので、今回は50UPを5本はいけるだろうと、勇んで再登場。

ポイントも把握したつもりで、出船。だだっ広い湖の中で、ポイントを探る。

突然現れる、有名な一本杭。かなりの確度で魚がついているらしい。近づくと、魚探はピーピー鳴り響き。しかし、ノー感じ。

ippongui

そこかしこを、見て回るも、見えバスもいない・・・・・

2時間くらいまったりと時間が過ぎてしまう。うーん、困った。

ボートを流しながら、ひたすら石積みを探して打っていく作戦に切り換え、前回結果を出した、ダウンショットに。

先ほどまでの無反応が嘘のよう。次々に、小バスが釣れてくる。

chibi-inawashiro1

いやいや、小さ過ぎだろ!と、突っ込まれそうだけど、そこはスモールマウスくん、下へ下へと突っ込む引きで、結構楽しいぞ。

病みつきになってしまい、止められず、あれよあれよと管理釣り場状態に。

しかし、良くてこのサイズ。chibi-inawashiro0

でも、やめられない、とまらない、かっぱえびせん、じゃなくて猪苗代スモール。

途中、何度か石積みの下のレンジを狙って、モンスターを狙うも、攻めきれず。

フックも、小バス用にサイズダウン。ワームも、2inchまで落とす、ズッコケっぷり。

釣れすぎて、フックも甘くなったまま、ずさんな釣りを繰り返していたら、天罰が・・・・

気まぐれに投げた、石積み下の7mライン。いきなり、巨バスにひったくられた。

フッキングは完璧。ドラグは鳴り響き、ラインは出まくり。

障害物が殆どないので、嘗めてかかってファイト。巨大な魚体観察を愉しみながら、ラバーネットを差しだそうとした瞬間、急に手応えが軽くなる_| ̄|○

なんと、フックが伸びて、無念のフックアウト。

ちゃんと、甘くなったフックを換えておけば。。。下手っぴ釣り人のあるある。

すかさず攻めるも、もう1度口を使う程、甘くなく。

夕まずめに、桟橋近くのメジャーポイントで、デカいのを狙うもかなわず。

結局、1時間の延長をし、シメの小バス祭。

結局、小バスに明け暮れた1日。まあ、100匹もつれば、これはこれで楽しめたかなと。

ヒットルアー

細身で、小さめであれば、何でも食べて来たが、反応が良かったのが下記2つ。

satan

2″ Gテールサターンマイクロ  G-tail Saturn Micro

レインズのサターンワームの中で、一番小さいやつ。レインズのサターンワームの凄いのは、コスパがハンパない。400円代で、なんと20本も入っていて、スモールマウスが良く釣れる。スローに誘っても、テールの動きがグルングルンに動く。小バスは、いちころ。

AR-Wピンテール

2.75inchで、600円代で10本入り。本山博之氏プロデュースのピンテール。V字のピンテールがプルプル動き、扁平なボディはロールアクション。今回、バラした巨バスをかけたのは、このピンテール。

 

夏の猪苗代まとめ

・石積みがあるエリアは、確実に小バスが浮いている

・石積みエリアのシャローからすぐに深くなり、石積みがなくなる切れ目のあたりに(7~9m)、デカイのがいる

 

※猪苗代湖のレンタルボート

今回も、お世話になったのは、猪苗代湖のエムズショップさん
→ http://ms-shop.ftw.jp/

 

(TK:ズッコケ三人組)

 

▼関連記事

・前回の50UPをキャッチしたレポートはこちら↓

猪苗代湖のバス釣りといえば、そうスモールマウスバス!スモールという名のモンスター狙い

この記事の著者

ズッコケ3人組

ズッコケ3人組

ルアー釣りをこよなく愛するオッサン三人組

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る